FC2ブログ

もものおへそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウン・・・

風邪引きました。
スポンサーサイト

あいつを遠ざける方法ある?

きのうは何とか帰ってもらったけど、いつまた来るかわからない。
うちにあいつが来たなんてママには言えない。
だから「どうしたらいい?」なんて相談もできない。
もちろんおばあちゃんにも言えない。
そう考えたらももには頼る人が誰もいないってことに気づいた。
ここでコメくれる人たちにアドバイスもらおう。

あいつの思考回路は滅茶苦茶だ!

きのう、いつものようにおばあちゃんちから帰ったら、あいつがいました。
今までの気配はやっぱりあいつだった・・・と思いました。
「やあ、久しぶり」あいつは気さくな感じで声かけてきました。
ももはキッと睨みました。
「そんな怖い顔すんなよ」って言われました。
帰ってください!と言ったけど完全にスルーされた。
「洋子(ママの名前)がももは家出したって言ってたけどこんなとこに住んでたんだな」
今度はももが無視した。
「な、ももちゃん。俺もここに住んでいいかな」
一体何言ってんの!こいつ狂ってる。

気配と影

先日、おばあちゃんちからの帰り道
あいつの気配を感じました。別に声をかけられたわけじゃなく
何かされたわけじゃなく・・・
どうしたらいいかわからなくてママに電話しました。
「何か変わったことない?」みたいないこときいて。
「何もないけど・・・なに?」

「あの人元気?」遠回しにきいてみた。
「元気よ、それがどうかしたの?」
どうかしたの?ってきかれても具体的にこんなことがあったなんて言えるわけもなくて。

気になり始めたら止まらない。
部屋にいてもカーテンの隙間から外を見たり
外へ出ることにすっごく神経使ったり
どうしたらいいか考えるけどまだ警察へ行くレベルじゃないし・・・
ずっとおばあちゃんちにいるわけにもいかないし・・・みたいな感じです。

煮物っておいしいね

ももはホントは好き嫌いが多くて
でもおばあちゃんが作る煮物はすっごくおいしい!
いつもなら苦い大根も変な味のにんじんも甘くておいしいのだっ
大根とにんじん、いっぺんに克服!すごいでしょ?
おばあちゃんに会えるうちにあといくつ克服できるかな?

さっちゃん

今日はおばあちゃんがさっちゃんを貸してくれました。
ホントは生き物だから貸すとか言いたくないけど。
ももが「寒くなると一人はさみしいよ」と言ったのが始まり。
おばあちゃんは少し黙っていたけど、
「さち、ももちゃんちへお泊りしてみる?」なんて言ったものだからびっくりしました。
当然このマンションはペット禁止みたいだからホントはダメなんだけど・・・
さっちゃんのトイレも借りてきたよ。
ねこは同じとこにするんだって~
わりとモラルある

さっちゃん抱いてるとあったかいし、寝てる顔見てると癒されます。
今夜はさっちゃんと寝れると思うとすっごくワクワクします
早く夜が来ないかな~~

さよならする日まで

ご心配かけましたがおばあちゃんの風邪は治って元気になりました((*_ _ ))
ただ、今回みたいなことがあって息子さんはやっぱおばあちゃんを引き取る方向で考え始めたみたいです。
赤の他人のももでさえ心配なんだから無理ない。
おばあちゃんが息子さんとこへ行っちゃったら今みたいに会えなくなるけど仕方ないですよね。
おばあちゃん一人で何かあったらって考えるとその方がいいです。
ホントは行ってほしくないけど、そんなこと言えません。
その日がいつになるかわからないけど、それまでおばあちゃんといっぱいお話しときます。

大丈夫かな・・・

昨日おばあちゃんちへ行ったら、返事がなかったので勝手に鍵開けて入ったら、おばあちゃんはお布団に寝ていました。
(実はおばあちゃんから家の鍵の隠し場所を聞いている)

ちょっと風邪引いたと言ってたけど熱とかないから心配いらないと言われました。
でも心配・・・
ももが風邪ひくのと、おばあちゃんが風邪ひくのでは全然ちがう気がするから。
病院へ行くように言ったけど「大丈夫」と言って「寝てたら治るから」と言っていました。
何か食べたいものある?って聞いたけど何もないって・・・
ももはおかゆとか作れないからコンビニでレトルトのを買って暖めてあげました。
おばあちゃんのためにおかゆの作り方を練習しないと!

だりぃ?

高校入ったばっかのとき、クラスの男子がよく口にしてた言葉。

だりぃ~

席に着くなり、「おはよ」じゃなくて「だりぃ~
次の教科に移るときも「だりぃ~
友達に話しかけるときも「おまえだりくない?」
もっとましなこと言えないの?
それじゃただ生きてるだけじゃん!
何だか恥ずかしいよ。
だるいまんまで大学行って就活すんの?
だるいまんまで会社行ってパパになんの?

何かね、そんな男子多すぎっ!

てか、ももが言えることじゃないか(・_・;)∂ポリポリ
ばあちゃんち行ってきます。

残酷な話

ももがまだ子どもの頃、普通に道歩いてて
蟻とか毛虫とかミミズとか
そんなのいたらわざと踏んでいました。
生き物に命があるとかかわいそうとか
そんなこと思ったこともなかった。
でも今じゃ考えられない。
害虫の蚊だってやむおえず潰したあとって
いい気持ちしません。
なんて言っても、嘘っぽいですよね。だって何度もあいつを殺したいって思ったし。
やっぱ残酷さはそのままなのかな~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。