FC2ブログ

もものおへそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春休み

4月、無事進級!
春休みって好きだーぁ!宿題ないから好きだーぁ!



みんなは春休みって何してた?
スポンサーサイト

久しぶりの自転車

今日はとても気持ちいい天気だったので、久しぶりに自転車に乗ってみました
桜のつぼみも膨らんでちらほらと開花もしていました

なんてちょっとおとなっぽい書き方(笑)

でもね、今日は伊藤君と出かけたんです。
何度も言うけど付き合い始めたとかじゃないですよー
佐藤とも友達のままです。きっぱり!

伊藤君には「お断り」のお返事するために会ったんです。
そしたら伊藤君も自転車で来てて、じゃあちょっと走ろうかってことになって・・・てな感じです。

「ごめん、悪いけど先に断っとく。誰か他に好きな人がいるとかじゃなくて、今は付き合うとか考えられないから」
私ははっきりそう言いました。
伊藤君は「わかった」って言って「でも俺あきらめたわけじゃないから気が変わったらまた言ってよ」と言いました。
内心(うざい)と思ったので返事はしませんでした。

「でも佐藤もももちゃんのこと好きって言ってるんでしょ?そこんところどう思ってるの?」
私はペダルを少し強くこいでスピードあげた。

うざいうざいうざい!!
何で人はこうもうざい生き物なの?
そのまま速く走り続けました。

せかっくのいい天気だったのに、また気分が落ち込みました。

知らなかったことにしとく?

伊藤くんから佐藤の過去を聞かされて、正直戸惑いました。
佐藤本人から聞いたんじゃないから知らない振りしとく?
知らなかったことにしとく?自問自答・・・

もし自分が~だったらどうする?

私が自分で言ったんじゃなく、過去のことを他人の口から拡散されてどう思った?
傷ついた。知られたくなかった。
だったら佐藤も昔の、弱かった頃の自分を先回りして私が知ってたら・・・
確実にショック受けると思う。

でもね、、
あれを聞いてから佐藤の隣にイジメられてる佐藤が浮かぶよ。
知ってるってことを隠して知らない振りして・・・
そんなの、きっと不自然だよ。
やっぱ聞かされたことを打ち明けるべきかな・・・

佐藤の過去

私たちがメールしてるって言ったの?
佐藤は 「ノー 」と答えた。

じゃさ、何で佐藤に私と会わせてとか頼んだの?
「俺が転入したてのおまえに話しかけてたことあっただろ?
だから勘違いしたんじゃねーの? 」

はぁ、、やってらんない。
「俺も吹っ切りたいし 」

仮に佐藤の友達を伊藤としておきます。
伊藤くんは佐藤とは幼稚園のときからの腐れ縁で繋がっている幼馴染なんだそうです。
今回も別にデートするわけじゃありません。
ただ会って話しを聞く、みたいなイベントです。
当然、私は交際云々って話になったら断ろうと決めて行きました。
場所は児童公園。すべり台とかブランコとかあるちっさい子が遊んでるような公園です。
これは佐藤のチョイス。理由は知らない。

待ち合わせの時間には伊藤君の方が先に来ていました。
佐藤はちょっと離れたところから見るって約束で。

「なっつかしいな~」
佐藤と幼稚園の帰りに寄ってここでよく遊んだんだとか。
なるほど~
「で、あいつ佐藤と付き合ってんの? 」
ないない、と強く否定した。
「あいつ、小学校んときイジメられてたって知ってた?」
え、そうなの?
「今じゃ想像できないだろうけど、やたらビビリだったんだ。しょっちゅう泣いてた。
俺が助けてやんなきゃ今頃死んでたんじゃないか?・・・ やつには言うなよ?気にすっから 」
佐藤にそんな過去があったなんて想像したこともありませんでした。

佐藤の思惑

私、男になんか興味ないって言ったよね?
なのにどうしてこんな話持ってくるの!
とメールで佐藤に詰め寄りました。

そりゃあ聞いたさー、だけど友達に「ダメ元で聞いてくれ!」って泣きつかれたら聞かないわけにはいかないべ?
(俺が先に好きになったんだぞ!)なんて言えないし・・・
おう、任せろって言わざるを得ないだろよ。

(メールをコピペしてます)

もうムカついたので「いいよ、会うよ。だけど会うだけだからね、断るから」って言いました。
早まったかも(><)

佐藤が・・・

「もも、実はおまえを好きだってヤツがいるんだけど」

なんて佐藤から重いこと言われました。

「話聞くだけでもいっからさ」

・・・・・・・

重すぎるくらい重い話。
誰とも付き合わないって言ったのに。
男なんていらないって言ったのに!

心の信号

子どもはときに言いたいことを言えなかったり、どう伝えていいかわからずにいます。
こんなこと言ったらどう思われるだろう、怒られるだろうか?先生にちくられるだろうか?
そう考えたら何も言えなくなる。だから一生懸命、信号を出す。
でもそれは無意識のもの。親はもっと子どもを見るべきだと思う。
小さな異変に気付くかどうかは、どれだけその親が子どもを見守ってるかだと思う。
私が知ってる限りで書きます。
朝起きて学校に行きたがらない。仮病を使う。お腹痛い、頭痛い、とか。
言葉遣いが乱暴になる。目を合わせない。
部屋にこもる。家に帰らない。部屋で大きな音で音楽を聴く。
親を避ける。部屋に親を入れない。親を無視する。

もしこんな態度をわが子が取り始めたら、責めないでください。
怒ったりせず、でも過干渉はやめてください。
怖がらないでください。
わが子を信じてください。わが子を認めてください。
何でもいいです、笑顔で話しかけてください。子どもから話しかけられるような空気を作ってください。
泣かないでください。先生に言わないでください。人に頼らないでください。
わが子を信じて忍耐強く待ってあげてください。
自然にしててください。こそこそしないでください。
決して子どもの私物を触らないでください。暴こうとか思わないでください。
子どもの友達の悪口を言わないでください。
友達もわが子同様に扱ってください。子どもの友達にお説教しないでください。
ご飯は一人で食べさせないでください。
中学になっても高校になっても子どもはいつまでも子どもです。
もう大きいんだから、とか突き放さないでください。
だからって甘やかさないでください。
夫婦げんかをしないでください。
お金を与えてその場を切り抜けようとか思わないでください。
思いつく限り書いてみました。参考にしてください。

あの事件で思うこと

ネットニュースにいつも出てる川崎のあの事件について思うことを書きます。
まずは被害者の少年、上村遼太君のご冥福をお祈りします。





今までも多分こんな残酷な事件はいくつもあったと思います。
その度に、テレビや新聞で騒がれたと思います。
今はインターネットが普及してるからすごく炎上してる。
加害者の顔や住所、家族まで調べられていっぱい情報が飛び交ってる。
事件が起きたら真っ先に(どんな人がしたんだろう?)とか思う。
少年法とかで隠されたらなおさら知りたいと思う。
それが残酷な手口で行われたらもっと強く思う。
なんでそんな人たちをかばう必要があるの?と思う。
被害者や遺族のことを思うとさらされて当然と思う。
その犯人を育てた親も同罪と思う。
だからさらされて当然とやっぱ思う。

事件現場に行って手を合わせる人が多いとテレビでいってました。
どんな気持ちでそこへ行くの?
怖くて行けないよ。
そこへ行けるのはおとなですね。

それからイジメについて書きます。
今イジメられてる人、イジメられてるときは決して我慢しないでください。
怖いとか痛いとか泣いたり叫んだりしてください。
我慢して黙ってると相手は手ごたえなくてどんどん仕掛けてきます。
黙ってたりスルー顔してると相手はイラっとするらしいです。
だから暴力もエスカレートするんです。
でもこれには根拠がありません。
イジメする人はこっちがどう言ったって、どんな態度とったってするだろうし・・・

イジメのない世の中になればいいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。